世界遺産平泉でのパノラマ撮影


被災地・気仙沼訪問の帰りに、岩手県平泉町に寄り、いくつかの寺院を撮影してきました。ちなみに平泉のWikipediaによる概要はこちらです。

平泉(ひらいずみ)は、岩手県南西部にある古くからの地名であり、現在の平泉町の中心部にあたる。
この地域一帯には、平安時代末期、奥州藤原氏が栄えた時代の寺院や遺跡群が多く残り、そのうち5件が「平泉 – 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の名で、2011年6月26日にユネスコの世界遺産リストに登録された。日本の世界遺産の中では12番目に登録された文化遺産であり、東北地方では初の世界文化遺産となった。

今回訪問・撮影できたのは、世界遺産に登録された5件中、中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡の4件です。

中尊寺

毛越寺

観自在王院跡

無量光院跡

被災地の復興観光支援とともに、世界遺産平泉、おすすめです!

soko aoki


 TOPページ