撮影隊の記録:ギガピクセル・パノラマ


ギガピクセル・パノラマ写真のテスト撮影


 ギガピクセルパノラマ写真とは、その名の通り超高解像度、特大サイズのパノラマ写真のことです。近年欧米では、このギガピクセル・パノラマを使ったコンテンツが増えてきました。2010年、 360 citiesが公開した、ロンドンのギガピクセル・パノラマは、世界的にも話題になりました。こうしたギガピクセル・パノラマは、広大な景色や美しい景観を、大迫力で再現するために用いられます。また、巨大な絵画や、歴史的に貴重な特大サイズの古地図をデジタル保存するなど、学術的用途にも活躍している撮影技術です。

 パノラマ写真等を使った「バーチャル・ショップ制作サービス panoplaza(http://www.panoplaza.com)」を運用するカディンチェ株式会社では、通常の高画質パノラマ写真のみならず、超高解像度のパノラマ写真を使ったバーチャル・ツアー・コンテンツにも対応することとなり、先日ギガピクセルパノラマ撮影用の自動雲台、「Gigapan EPIC Pro」を購入し、11月から通常のパノラマ写真撮影に加え、超高画質パノラマの撮影がサービスに加わりました。

ギガピクセル・パノラマ写真の撮影手法


 先日デモコンテンツ用にお台場の景色を撮影してきました。上の画像は3行X11列の計33枚の写真を使ってギガピクセル・パノラマを作成した際の、元となる写真のイメージ図です。隣り合う写真同士が少しずつ重なり合うようにして撮影することで、合成作業が楽になります。一眼レフカメラで撮影した場合、1枚の写真が1,000万画素以上ありますから、これらを33枚並べると、相当なサイズの写真が出来上がります。

 

 完成したギガピクセル・パノラマ・コンテンツが↑こちらです。クリックすると新規ウィンドウでコンテンツが開きます。上記事例のパノラマ写真は解像度が横幅25,000px。景観をダイナミックに見せるには充分な大きさです。もっと望遠のレンズを利用し、更にズームが可能なパノラマ写真、例えば対岸のレインボー・ブリッジの上を走る車の形も鮮明に見える程のギガピクセル・パノラマ・コンテンツを制作することも可能です。美しい自然の景観や、大都会の夜景、重要な建築物の建物内など、インパクトのあるコンテンツ作成に利用してみてはいかがでしょうか。
 ギガピクセル・パノラマやパノラマ写真、バーチャル・ショップに関するお問い合わせは、当サイトお問い合わせフォーム、または「バーチャルショップ構築サービス panoplaza(http://www.panoplaza.com)」のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

yasuhiro ichikawa


 TOPページ