製品には(まだ)取り込まれていない各種研究開発事例は以下のとおりです。

REPORT

カテゴリ:テスト

[#11] ステレオライブストリーミング

INFORMATION

DATE

AUTOR

soko

CATEGORY

VRライブストリーミングでは、必ずしも360度映像である必要はありません。むしろコンサートなどの場合ではステージや会場の雰囲気が映る前180度さえあれば、後ろ側の観客の表情などは不要です。そして逆に前面についてはステレオ視出来たほうが左右それぞれに別の映像を出力できるヘッドマウントディスプレイ向きだったりします。そんな理由から当社でもステレオライブストリーミングに取り組んでいます。


[#10] 多地点・全方位動画再生アプリケーション

INFORMATION

DATE

UPDATE

AUTOR

kadinche

CATEGORY

パノラマ動画がバーチャルリアリティコンテンツとして多様されつつありますが、複数地点で撮影した動画も編集により一本の動画になり、視聴者の希望する地点やアングルを見られなかったり、臨場感が減衰していたりします。多地点・全方位動画により、より自由に映像内を移動したり、アングルを変えて見られ、まるでイベント会場にいるかのような体験を得られるようになります。


[#09] ドローン: 空撮

INFORMATION

DATE

UPDATE

AUTOR

kadinche

CATEGORY

これまでの弊社での撮影は、カメラマン(人間)による人間視点の撮影を行っていました。しかしマルチコプター等の空撮機材の発展に伴い、上空からの撮影が可能になりつつあります。マルチコプターの操作を練習しつつ、業務的に利用可能か検証を行っています。


[#08] Oculus Rift: ヘッドマウントディスプレイ

INFORMATION

DATE

UPDATE

AUTOR

kadinche

CATEGORY

高視野角なディスプレイとパノラマコンテンツの相性はとても良いと考え、パノラマの表示デバイスとしてOculus Riftを試しています。今後はパノラマ静止画だけでなく、パノラマ動画、3Dコンテンツ等にも適してそうです。