BLOG

国内外のVR/AR情報に関して
積極的に配信しています

2019年8月11日

VRアトラクション「老婆の呪面」メイキング

  • AokiSoko
  • vr-app
  • vr-device

VRお化け屋敷アトラクションである「老婆の呪面」は当社(カディンチェ/ミエクル)としては初めてのロケーションベースVR作品になりました。その企画は約1年前から始まったのですが、本ページでは開発に用いた各種手法をご紹介します。 「老婆の呪面」概要 本アトラクションは、2019年7月20日(土)から9月1日(日)迄、東京タワー地下1階タワーホールにて、バーチャル(VR)とリアル(ウォークスルー)のホラー体験が一度で体験できる「ハイブリッドお化け屋敷」として公開しているもので多くのお客様にお楽しみ頂いております。本ページではそのVRコンテンツの部分の開発手法についてご説明します。製作委員会は松竹(株)、ミエクル(株)、制作協力:(株)松竹撮影所、松竹ショウビズスタジオ(株)、(株)闇、プロデュース:松竹(株)富田剛史氏、演出:(株)闇 頓花聖太郎氏という構成になります。 ストーリー・脚本 ストーリーは松竹お化け屋本舗の富田プロデューサーと、ホラー×テクノロジー「ホラテク」で新しい恐怖体験を作りだすことが専門な闇の頓花ディレクターにより書かれ、以下のような物語になっています。 この地に古くから伝わるお面、「ハギトリの呪面(じゅめん)」。そのお面は殺された人間の顔で作られていた。そして、このお面をかぶると殺されてお面となった者の最後に見た光景が見られるという。あなたはこのお面を興味本位でかぶってしまった。気がつくとあなたは、古い家屋の囲炉裏の前に座っている。障子の向こうから現れた恐ろしい老婆は、血のついた出刃包丁を持って、ゆっくりとあなたのもとに近づいてくる。老婆のそばに、小さな子どもがいる。子どももまた、恐ろしいお面をつけている。子どもが、あなたの顔を見てこう言う。「お顔を、ちょうだい」 イントロムービー:180度ステレオ動画映像 VRコンテンツの冒頭は、コンテンツへの誘導として180度ステレオ動画を使用しました。撮影は松竹撮影所(京都)のオープンセットで行い、役者さんにも出演いただきました。カメラはInsta360 Pro2を使用しました。薄暗い180度ステレオ動画を用いて、体験者を物語の舞台である古い日本家屋に誘います。 3D仮想空間:フォトグラメトリー 物語の舞台である古い家屋は、これも撮影所のオープンセットを活用し、フォトグラメトリーを用いて3Dモデルとして作成しました。フォトグラメトリーでは、実際の家屋内を様々な角度から撮影し、それら多量の静止画像を解析・統合して、3Dのデータとして構築する手法で、今回のプロジェクトではReality Captureというソフトウェアを用いました。最近のフォトグラメトリーの精度はとても高くなってきているのですが、それでも小物があるところなどの細部では画質劣化が生じたものの、お化け屋敷=暗い環境にするという本プロジェクトの特性もあり、そのような劣化は目立たなくできたかと思います。 登場人物(お化け)のCGとモーション:モーションキャプチャ 空間ができあがれば、あとはそこで動き回るキャラクター制作になります。登場するキャラクターのCGは3D CGソフトウェアを用いて作成をし、その3Dキャラに動きをつけます。アニメーションやゲーム開発の世界ではモーションも一つ一つ手作業で作成する場合も多いようですが、我々のチームでは役者さんに協力を頂けたということもあり、実際の役者さんの動きをHTC VIVE + VIVEトラッカー + Orionを用いて計測して、そのモーションをキャラにあてるようにしました。 アクチュエーション:スピーカー・ファン 施設での体験型アトラクションであるので、HMDさえ持っていれば家でも体験できるということ以上の演出を実現したいわけです。そこで本アトラクションでは、体験者に座って頂く椅子や施設内の壁に工夫をこらして、映像内の体験に合わせて椅子が揺れたり風が吹いたりするようになっています。 システムとしては映像の再生タイムラインに合わせて、椅子を揺らす振動スピーカーや風を起こすファンのアクチュエーションコマンドをタイミングよく発火するようにしています。マルチモーダルな体験を味わって頂ければと思います。 インテグレーション 実際のアトラクションでは、VR体験ゾーンが2部屋に別れており、それぞれ6名ずつ体験できます。6名のHMDは各部屋に設置したタブレット端末から制御されており、すべてのHMDが同期をとるようになっています。先に記載したとおり、映像、音、アクチュエーションはタイムラインベースで同期を取られており、すべての体験者が同時にVR内のイベントを体験できるようになっています。 キャラクターのCGや、背景音・効果音などはそれぞれ専門のパートナーさんに制作頂き、複数社の連携により本VRアトラクションが完成しました。2019年9月1日まで東京タワー地下一階にて体験いただけますので、ぜひ体験頂きながらこちらでのメイキングの様子も参考にして頂ければと思います。

more
2019年7月21日

ロケーションベースVR:Dreamscape 全3作品体験記

  • AokiSoko
  • staff-blog
  • vr-market
  • vr-movie

2019年7月現在に体験できるロケーションベースVR(アトラクション施設型バーチャルリアリティ)において、最も高品質なものの一つとしても挙げられているDreamscapeを体験しに、アメリカはロサンゼルスにあるWesfield Century Cityというショッピングモールに行ってきました。 Dreamscapeの体験概要 訪問した2019年7月現在、体験できたコンテンツは「Curse of the Lost Pearl」、「The Blue」、「Alien Zoo」の3作品です。事前にオンラインで予約を入れてから訪れましたが、当日は夜まで予約がいっぱいで人気施設であることが伺いしれました。体験した順序は事前にウェブやブログでの評価を参考にして評判の良い順でしたが、体験後にもその順番で体験が楽しかったと思いました。 VRシステム概要 体験者がヘッドセットを装着したりする準備の部屋が合計8部屋あり、その2部屋ずつが1つのVR体験ゾーンに繋がっています。つまり1部屋で準備をしている間にもう1部屋の人たちがVR体験をしているという、効率の良い回転を実現していました。 体験者は頭部にVRのヘッドマウントディスプレイ(HMD)をかぶり、背中にはノートブックPCを背負い、両手両足には青色LEDが装着されたセンサーデバイスをつけるようになっています。HMDやPCにも同様のセンサーデバイスが付いていたので合計6点で体験者の位置や動きを取るようになっています。事後調査をしたところ、これらポジションセンシングやモーションキャプチャにはスイスのNPO研究機関であるartanimの技術をベースにしているようでした。 VR体験ゾーン内部は、床は全体的に振動するようになっており、壁には風を起こすためのファン、壁や天井にはセンサ用の青色LED、そして体験の中でも現れる各種手すり、レバー、棒状のデバイス、ロボットアームに接続された触れる物体等がありました。多くのロケーションVRが何もない空間で体験するのに対して、Dreamscapeではメカ満載の空間で体験させており、視覚や聴覚だけではないいろんな感覚を刺激する工夫がありました。 Curse of the Lost Pearl: A Magic Projector Adventure 「Curse of the Lost Pearl」はそのタイトルを和訳すると「失われた真珠の呪い」になりますが、内容的には映画インディ・ジョーンズ風な古代遺跡を体験するものでした。古い遺跡に真珠を探しに行くのですが、その過程で洞窟内部で穴が空いたり槍が出てきたり、エレベーター的な乗り物で地下深くに降りたり、最後はトロッココースターで遺跡から脱出したりと、アドベンチャー的な要素を一通り含んだもので、VRのポテンシャルや強みをフルに体験させるものでした。トーチのようなものを体験者に持たせ、それで洞窟内の蜘蛛の巣を取り払ったり、仮想空間内では6人の体験者が3人ずつ2グループに分けられて、別のルートからゴールを目指すなどの工夫もVRならではと感心しました。 The Blu: Deep Rescue 「The Blue」はDreamscape社がアメリカの著名なVRスタジオであるWevr社と合同で制作したコンテンツで、体験者は海洋研究所の潜水士となって、行方不明になったクジラを捜索しに行くコンテンツです。水上の海洋研究所でのミッション説明から始まり、エレベーター的な乗り物で海中深くに降りるところまでは「Curse of the Lost Pearl」に似た体験ですが、その後海中で一人ずつ別の水中スクーターに乗り換えて移動するのが特徴的でした。この水中スクーターは、体験ゾーンにリアルなハンドルやメーター状の造作物が置いてあり、実際にハンドルに捕まりながらバーチャルな乗り物を操作するという体験になっています。 Alien Zoo 「Alien Zoo」は空想上の恐竜風な生き物を見に行く動物園体験コンテンツで、途中でモンスターに襲われそうになり体験者全員であるコントローラ(体験ゾーンで棒状のアイテムを渡される)を使って、それを退治します。また登場する恐竜を実際に触ることができ、ちらっとHMDの隙間から覗いたところロボットアームの先端に恐竜の頭部がつけられており、視覚的にはHMDで触覚的には実際の手を使わせる工夫が使用されていました。さらに体験の途中、水が降りかかる部分もあるなど、これも単純な映像視聴にとどまらない五感を刺激する様々な演出があるわけです。 Dreamscape Immersive社について DreamscapeはDreamscape Immersive社が運営しています。この会社は、世界中に1000のシアターを所有するAMCシアターズ、映画製作会社のワーナー・ブラザース、映画監督のスティーブン・スピルバーグなど映画関連の有名企業や有名人から総額約40億円の投資を獲得しています。一つの作品あたり約10分間のコンテンツで、制作費は約1.5億円〜2億円とのことです(参考)。多くの映画関係者が参画しており、今後も同様の体験施設を世界中に展開する予定だそうで、コンテンツもさらに増えることが期待されています。

more
2019年3月15日

Insta360 Pro2の開封と動作確認

  • shark
  • vr-camera
  • vr-device-review

Insta360 Pro2とFarsightの開封と簡単な動作確認をしてみました。 ケース外観 内容物 以下が同梱されていました。 ・Insta360 Pro2本体 ・USB Type-Cケーブル ・アンテナ 2本 ・バッテリー ・ACケーブル ・DC Adapter ・Ethernet Cable ・Ethernet Network Adapter ・1/4″ to 1/4″ Adapter ・Shoulder Strap ・レンズカバー ・Quickstart Guide、Warranty Card、Lens Cloth 本体 Insta360 Pro2本体上部のキャップを外すとアンテナ取り付け用ネジ穴があります。 ねじ込んで取り付けると上図のようになります。 上部には1/4″ネジ穴、側面に3.5mmのAudio input端子があります。 反対側にはUSB2.0の端子があります。 側面にはバッテリースロットとSDカードスロットがあります。 下部には下記がありました。 ・リセットピンホール ・スピーカー穴 ・USB Type-C ・MicroSDカードスロットx6 ・USB3.0端子 ・DC電源入力ポート ・HDMI2.0 micro端子 ・LAN端子 また、底面には1/4″ネジ穴が5箇所あり中心の穴は取り外すと3/8″になるようです。 Farsight オプションにて無線で映像を転送できるFarsightがあります。 Farsight内容物 下記が同梱されています。 ・Farsight受信側本体 ・Farsight送信側本体 ・Mounting Clip ・Quickstart Guide ・Adapter x2 ・DCケーブル x2 ・USB Micro – Lightning cable ・USB Micro – Type-C cable Farsight本体 受信機の下部にはUSB micro端子があります。 受信機の上部にはアンテナ取り付け用ネジ穴、電源ボタン、DC端子、LAN端子があります。 送信機の下部にはネジ穴があります。 送信機の上部にはアンテナ取り付け用ネジ穴、DC端子、LAN端子があります。 また、側面に電源ボタンがあります。 Insta360 Pro2とFarsightの接続、動作確認 *Farsightにはバッテリーが内蔵されているのであらかじめ付属のアダプターで充電しておきます。 Insta360 Pro2とFarsight送信機をLANケーブルで接続します。 Insta360 Pro2電源後にFarsight送信機の電源ボタンを長押しして起動すると認識されるようです。 受信機側にiPhoneXを取り付け、Micro USB-Lightningケーブルで接続します。 iPhoneの設定でWiFiをオフにします。設定画面にEthernetが現れますと認識されている状態です。 Insta360Pro2とFarsightで映像を確認している様子です。 *この写真では取り付けていますが、Farsight使用時はInsta360 Pro2側のアンテナは不要だそうです。

more
2019年3月5日

LOOKING GLASSのセットアップについて

  • shark
  • vr-device
  • vr-device-review

Looking Glassのセットアップと簡単な動作を確認してみました。 ケース外観 この写真では見えませんが、上部にハンドルがついており持ち運ぶ事ができます。   内容 本体、USB3.0-Cケーブル、HDMIケーブル、マイクロファイバークロス、スタートガイド冊子が入っています。   本体外観 上部から見るとかなり厚めで、重量も結構あります。 下にある窪みはタッチ式のボタンになっています。 背面にはHDMI端子、USB-C端子があります。また、赤い破線で示した場所にディスプレイのLED照明のスイッチがあります。   接続とテストシーンの実行 本体にUSB-Cケーブル、HDMIケーブルを接続し、PCのHDMI出力とUSB3.0に接続して外部ディスプレイとして認識させます。2560 x 1600pxに設定します。 接続と設定ができたら、look.glass/gettingstartedにアクセスしてテストシーンをダウンロードし、実行する事ができます。同ページの少し下にあるApp LibraryについてはPCモニター上にメニューが表示されるので、そちらで実施するアプリをダウンロードすると実行可能になりました。実行時に実際のLooking Glassのモニタ番号を選択すると動作させる事ができました。同ページのさらに下にUnityのSDKもあるので、そちらをインポートするとUnity上で3Dモデルを配置して表示する事ができます。   活用例 カメラをPhotogrammetryにて立体化した物を若干手直しして表示した例です。 この例では360度カメラにて周囲の様子を反射に用いてより自然に表示されるようにしています。

more
2018年4月25日

NOITOM PERCEPTION NEURON 2.0開封

  • AokiSoko
  • vr-device
  • vr-device-review

NOITOM PERCEPTION NEURON 2.0が到着したので開封してみました。 箱外観 かなりコンパクトです。 内容 小分けに袋に入っています。

more
2017年10月18日

Nokia OZOの使用感

  • AokiSoko
  • vr-camera
  • vr-livestreaming

Nokia OZO 製造中止報道 国内で購入できる最も高価(約550万円)な360度カメラであるNokia OZOについて、当社も今後の撮影やライブストリーミング案件に備えてレンタルをし、一通りの動作確認や品質確認をしておりました。 ところが、2017年10月10日に各種報道機関でも報じられているとおり、OZOの今後の開発は中止し、既存顧客のサポートの継続だけに留めるという発表がされました。 せっかく一通り使い方をマスターし、性能評価もしたのに、このまま実運用をしなかったりしたら寂しいので、せめてここまでの使用感だけでも記録に残しておきます。 OZO:業務利用を想定した高画質・柔軟な機能群 OZOのカタログスペックはこちらに記載されているとおりですが、こういった定量的なスペックだけでは表現できない良さがOZOにはありました。 一般的にカメラの性能を評価する際に、出力される映像のサイズがあるかと思いますが、OZOのライブ映像出力の場合は最も大きいのは4096 x 4096のステレオ4Kが最高解像度でした。このスペック自体だけでは最近他社から発売されている競合製品より劣るのですが、実際に確認した映像では以下のような優位点がありました。 1, 密度の濃い4K 8つのカメラを使って4Kの映像を作っていることからも、それぞれのレンズ・カメラの最もきれいな部分のみを最終出力に使えている印象があり、映像全体的にくっきりキレイな4K映像になっています。 2, 画質調整 ライブストリーミングで使用する際には、OZOはUbuntuがインストールされたPCからコントロールするようになっています。そのコントロールソフトで操作可能な項目が揃っており、露出、カラーコレクション、ホワイトレベル、ガンマ、ノイズ除去、けられ除去等があります。現場で細かく調整が可能なので、その時の状況に合わせやすく、それは結果的に高画質に繋がります。 3, スティッチング調整 360度カメラの多くで問題になるのが、スティッチング(複数カメラ間のパノラマ合成処理)かと思いますが、OZOではこのスティッチングについても調整可能な変数が用意されており、結果的にほとんどスティッチングラインが見えないような映像が出力できます。以下がOZOで撮影した360度動画のスクリーンショットです。 ライブストリーミング案件で使いたいOZO 普通の会社には買えないぐらい高いですし、制御用PCも必要なので気軽に運べる重さでもありません。それでも、しっかり高画質かつ安定的に360度ライブストリーミングをするのなら、レンタルでOZOを使用するというのはオススメできます。正式発売されている期間が短かったからこそ、本記事が何かしらの記録・参考になればと思い記載してみました。

more

ソーシャルメディア

カディンチェのSNSをフォローして情報を受け取ろう