BLOG

国内外のVR/AR情報に関して
積極的に配信しています

2017年7月21日

360度動画をYouTubeにアップロードする方法

  • AokiSoko
  • vr-movie

360度動画を自社アカウントのYouTubeへアップロードするには、通常動画とは異なる事前準備が必要です。 本ページでは、YouTubeへ360度動画をアップロードする方法をご紹介いたします。 *YouTubeの仕様は随時更新されます。本内容は2017年7月21日時点での情報となります。 YouTubeへの360度動画のアップロード手順 360度動画の準備 Richo ThetaやKodak SP360など360度動画専用のカメラにて、360度動画を撮影・準備します。 360度動画のアップロード準備 YouTubeで360度動画として、認識するためには、動画ファイルに360度フォーマットとして認識する特定のメタデータが必要です。お使いの機材によっては、出力ファイルに既に含まれている場合もあります。メタデータが含まれていない場合は、YouTubeが提供している専用アプリを使用してメタタグをつける方法やAdobe Premiere上でメタタグをつける方法があります。 ・メタデータ付加用アプリ(YouTube)は、こちらのページよりダウンロードできます。 ・Adobe Premiere上でメタデータを付ける方法(近日公開) ファイルのアップロード 360度フォーマット用のメタデータが付いた360度動画を通常動画と同じ要領でYouTubeにアップします。 360度動画としての閲覧 360度動画として再生できるようになるには、数時間かかる場合があります。 動画を再生すると、左上にパンボタンが表示され、360度映像である事が確認できます。 閲覧環境 ■PC ・Chrome、Opera 、Firefox、Internet Explorerの最新バージョン *2017年7月現在、Safariには対応していません。 ■モバイル端末 ・YouTubeアプリの最新バージョン アップロード可能な360度動画の仕様 ・解像度 : 正距円筒図法、アスペクト比2:1、(例:4096 x 2048、最大8192 x 4096) ・FPS : 24、25、30、48、50、60fps ・エンコード(推奨):通常動画と同じ(コンテナ:MP4、音声コーデック:AAC-LC、動画コーデック:H.264) ・最大サイズ : 通常動画と同じ(128GB)

more
2017年6月22日

Insta360 Pro開封

  • shark
  • vr-camera
  • vr-device
  • vr-device-review
  • vr-livestreaming

Insta360 Proが到着したので開封してみました。 箱外観 開封 ケースと封筒が入っています。 ケース中身 本体と付属品 本体外観 ゴム状のレンズカバーがついています。 本体の詳細 操作ボタン、表示用ディスプレイ、電池蓋があります。 底面の端子類 電源端子 Ethernet端子 RJ-45 マイク入力端子 リセットボタン USB Type-C端子 USB端子 マイクロHDMI端子

more
2017年6月20日

Raspberry PiによるRicoh Rのコントロール

  • shark
  • vr-camera
  • vr-device
  • vr-livestreaming

Ricoh R Development Kit(以下Ricoh R)をネットワーク経由で操作できるリモートコントローラーを作製してみました。 Ricoh RにはUSB経由で画質調整できる機能がありますが、全天球で撮影されてしまう為、そのままだと調整する人が映像に映ってしまいます。撮影者が映り込まずに調整を行う事が出来るリモコンを作製したので紹介します。 接続について Ricoh RのUSBへの入力をRaspberry Pi 3 Model B(以下Raspberry Pi)から行います。 このRaspberry PiにはWiFiがついている為、WiFi接続されたスマートフォンのブラウザからRaspberry Piにアクセスしてコマンドを送信する事により実現しています。 今回はRaspberry PiをWiFiのアクセスポイントとして設定し、スマートフォンと直接接続していますが、他に用意されたLANのネットワークがあれば、双方を参加させる事でも使用する事ができます。Raspberry Piには有線LANのポートもあるので、そちらでネットワークに接続して使用するとより安定します。その使い方の場合には、同一のネットワーク上のPCやMac等からもブラウザ経由で操作可能です。 ※映像出力はHDMI経由のみとなります 調整可能な項目 以下の項目を調整可能です。(Ricoh R Consoleと同様) ホワイトバランス(RGBゲイン) 露出 天頂補正 ビデオサイズ HDMIオーディオ出力 待機中LED輝度 転送中LED輝度 WDR つなぎモード 音声入力ゲイン 動画ビットレート 技術的な概要 Raspberry Pi上にnodejsでサーバを立て、アクセス可能なコマンドをタップ選択する事ができるページを作製しておきます。このページをスマートフォンのブラウザで表示し、入力された設定値をUSB経由でRicoh Rに送信しています。Ricoh RはMTP(Media Transfer Protocol)で操作可能となっており、その仕様についてもRicoh社にて公開されています。 参考にしたサイト MTP Reference(https://github.com/ricohr/MTP-reference) Ricoh R Console (https://github.com/ricohr/ricoh-r-console/releases/tag/v1.0.0) MTP Access helper for Windows (https://github.com/ricohr/win-mtphelper) MTP Access helper for OSX (https://github.com/ricohr/osx-mtphelper) なお、Raspberry Pi等の電子部品は、RSコンポーネンツにて購入できます。

more
2017年6月20日

Ricoh R開封

  • shark
  • vr-camera

弊社にもついにRicoh R Development Kitが到着したので、開封してみました。 箱の外観 無地の黒です。 開封 内容物 スタンド、USBマイクロケーブル 2本、ケースが付属しています。 スタンドに立ててみた所 スタンドに立てた状態でも各端子は本体横にあるので問題なく接続できます。

more
2017年4月20日

Nikon KeyMission 360の接続方法について

  • shark
  • vr-camera

Nikon KeyMission360へのスマートフォンの接続方法について、いくつか検証しましたので紹介します。 *この情報は2017年4月20日時点での物です。今後挙動が変わる可能性もありますのでご注意ください。 KeyMission 360 初回ペアリング(iOSの場合) KeyMission 360本体側準備 USBで接続して十分にカメラ本体を充電します。 カメラ本体の電源をオフ。 カメラ本体の蓋の中にある機内モードスイッチをオフ。 カメラに残量のあるmicroSDカードをセット。 *4Kの場合U3のカードでないと途中で録画が止まります。<重要!> HDMIケーブルやUSBケーブルを外しておきます。 *ケーブルがつながっていると接続できないようです。<重要!> iPhone側準備と操作 あらかじめSnapBridge360/170のアプリをインストールしておきます。 *無印のSnapBridgeではなく、360用をインストール。<重要!> iPhoneのBluetoothと無線LANを有効にしておきます。 初回ペアリングの実施 カメラ本体上部の電源兼録画ボタンを7秒以上押し続けると緑色のLED二か所が点滅し始めます。 iPhoneでSnapBridge360/170を起動します。 カメラ名が表示されたらタップします。 アクセサリの選択画面でしばらく待つとカメラ名が出るので、タップします。 *アクセサリの選択画面では結構待つ必要があります。 使用方法 ペアリングが終了するとBluetoothでつながるので、アプリの下にあるカメラのボタンを押して、”リモート撮影”か”カメラ設定”をタップすると設定画面に移動を促されます。 *時折ここで準備ができていない旨のエラーが出ますが、その場合はしばらく待ってから実施します。Wi-Fiの設定を開きKM360_で始まるSSIDを選択したら、初期パスワードのNikonKeyMissionを入力して無線で接続します。接続されたら、再びSnapBridge360/170のアプリを起動するとリモート撮影やカメラ設定が使用可能になります。 この方法での動作確認済み端末 iPhone7 iPhone6S iPhone6 二回目以降の接続方法 カメラ本体の電源がオフになっている事を確認します。 *電源がオンの場合はつながりません。<重要!> iPhoneでSnapBridge360/170を起動してしばらく待つとカメラ本体の電源がオンになり、Bluetoothで接続されます。 アプリの下にあるカメラのボタンを押して、”リモート撮影”か”カメラ設定”をタップすると設定画面に移動を促されます。 初回と同様に無線LANのSSIDをタップすると、二回目以降は自動的に接続されるので、再びSnapBridge360/170を起動して操作します。 iPhoneで使用する時の注意点まとめ 1)似ている名前のアプリSnapBridge(無印)をインストールしてしまうとカメラ名が表示されないのでペアリングできません。専用の”SnapBridge360/170″の方のインストールが必要です。 2)最初の接続はBluetoothの接続であり、その後に手動でWi-Fi接続しないとリモート撮影やカメラ設定は使用できません。これはカメラ側の待ち受けを電力の小さいBluetoothで行っている為です。毎回iPhoneから接続→手動でWi-Fi接続の手順が必要です。接続後に操作しようとすると、iPhoneの設定画面に移動するので、そこでWi-Fiを選択して手動で無線LAN接続する手順になっています。 *この部分はAndroid機だと自動で無線LANにつながるかもしれません。 3)ペアリング後の二回目以降の接続はカメラ本体の電源はオフでないと接続できません。電源オフ時にのみBluetooth待ち受けをしていると思われます。 4)4Kで撮影する場合には、U3以上のスピードのmicroSDXCカードの使用が必要です。実は、時々U1でも撮影できる事もありましたが、たいていは数十秒で撮影が止まります。U3のカードであれば安定して撮影できました。

more
2017年4月20日

Stereoscopic VR動画の作成例

  • shark
  • panorama
  • vr-movie

Stereoscopic VR動画の作成例について こちらが今回の方法で撮影したStereoscopic VR動画です。スマートフォンでYoutubeアプリとcardboard等を使用して見ていただけると立体視可能な前方を見渡せるVR表示となります。Youtubeアプリで閲覧する場合は、動画のタイトルを長押しして”YouTube”で開くからご覧ください。 *標準状態では解像度が小さく設定されてしまう為、右上の三点ドットのアイコンを押して、画質を2160sに手動で設定すると4Kでの表示になります。cardboardアイコンを押すとVR表示が始まります。サイズが大きいので、WiFi環境下での閲覧をオススメします。 前方の視界のみとなりますが、立体視可能な視差をもったステレオVR動画作成例について紹介します。 今回使用したのは、Entaniya様の製品である2Cam 250完組セットZ250K(相当品)です。 本来この製品は背中合わせで使用するBack to backの撮影用の製品ですが、取り外して右目と左目に相当する箇所に設置する事でステレオでの撮影が可能となります。また、250度の範囲が撮影できるのである程度見渡す事のできるVR表示が可能となります。 人間の目の間の距離を瞳孔間距離(IPD: Interpupillary distance)と呼びますが、この距離を今回はおおよそ63mmとして設定しました。IPDを約63mmとしてカメラが二台固定可能な雲台に取り付けます。 なるべく平行になるように取り付けができたら動画を撮影します。GoProの録画設定は4K 30(29.97)フレームを選択しています。左右のGoProの録画ボタンを同時に押して撮影を開始します。撮影の最初の部分に、左右の同期を取る為のクラップ音を手の動きと共に入れておきます。撮影が終了したら左右のGoProの録画ボタンを再び同時に押して撮影を終了します。 撮影ができたら、左右のGoProの動画をそれぞれパノラマ展開が可能なソフトウェアのAutoPanoでEquirectangular形式に展開します。250度の視界のみとなりますので、範囲外は黒い表示となります。左右でなるべく同じ見え方になるように展開します。 左右の動画をそれぞれTop and BottomかSide by Sideに配置する事で立体視可能なステレオ動画となります。今回はTop and Bottomで作成します。 動画編集ソフトPremiereにて、プロジェクトを新規作成し、左右の動画を取り込みます。それぞれの動画のエフェクトコントロールのスケール(高さ)を50.0として縦を半分のサイズにします。同様にエフェクトコントロールで位置を(2048.0,1024.0)からLを(2048,512)、Rを(2048,1536)へと変更して上下に並ぶように配置します。 *今回はH.264(level5.1)で作成した為に仕様上4096×2048が最大のようで、4Kx4Kではなくこのように配置しています。 最初に入れておいたクラップ音と手の動きを見ながら、左カメラと右カメラの映像のタイムラインの位置を合わせます。 ↓ 左のカメラからは右のカメラ、右のカメラからは左のカメラが写ってしまい、この部分は大きく破綻して見づらい為、マスクを作成して一番上のレイヤーに配置します。 音声はモノラルですが、複製されてL/Rのトラックとして記録されています。音声編集ソフトのAuditionにてLカメラの音声のR側、RカメラのL側を無音化してそれぞれのカメラのマイクを左右で使用してステレオ音声としています。この時音量に大きな差がある場合にはゲインの調整で大きさを合わせておきます。 4Kとはいえ、拡大して視聴するためビットレートは高めに最大50Mbpsとして書き出しを行います。 完成した動画をOculus riftのVideo PlayerやGear VR等で閲覧するには、ファイル名と拡張子の間に_TB_360を入れておきます。 YouTubeにアップロードして閲覧する場合は、Spatial Media Metadata Injector.exeにてspherical(360)とstereoscopic 3D(top/bottom layout)にチェックを入れ、メタデータを入れてからアップロードします。 左右の動画の位置や歪み方があまりにもずれていると立体視ができない動画となります。見え方の違和感が大きい場合にはPhotoshopに静止画を書き出して上の画と下の画を比較し、AutoPanoでの展開を再調整したり、Premiere上でのLとRの動画の位置や角度を再調整します。今回はおおまかに雲台へ設置したのでかなりずれてしまっていますが、左右のカメラが平行でずれにくいリグを作っておくと後調整が楽になります。

more

ソーシャルメディア

カディンチェのSNSをフォローして情報を受け取ろう