Uncategorized

2016.02.01

RICOH THETA m15のパノラマ動画撮影方法

  • AokiSoko
  • Uncategorized

RICOH THETA m15の動画撮影をご紹介致します。

もっと見る
2016.02.01

Autopano Videoの使い方

  • AokiSoko
  • Uncategorized

6台のGoProで同時に撮影した動画を、一つの360度動画に編集する為にKolor社から提供されいてるオーサリングツールAutopano Video Proを使用します。本ページではAutopano Videoを使用した基本的な360度動画の作成方法について紹介致します。 1.ファイルを選ぶ Autopano Videoを起動後、同時に撮影された6つの動画ファイルを選び、ドラッグアンドドロップします。 2.フレーム間同期をとる “Synchronization”ボタンを押すと下(写真)のような画面が出ます。“Audio(音)” ”Motion(動き)”のどちらかにより、6つの動画の同期を行います。同期位置が正常に検出できると”Accurate synchronization found.”が表示され、Applyボタンを押して同期位置が反映されます。 3.静止画の状態で合成を調整する 続いて”Stitch”ボタンを押すと下(写真)のような画面が出ます。今回はGoproの合成(スティッチ処理)のため、Stich asから”GoPro Hero 3+/4″を選択し、”Stitch”を押します。スティッチ処理が完了すると画面右側に合成した画像が表示されます。画像左下にある“Edit”を押すと、Autopano Gigaが起動し、水平調整や明るさ調整などを行えるようになります。 4.水平線を調整する 新しく開いたウィンドウにて“編集”をクリック(写真左)すると、再度新たな画面が表示されます。4つの矢印で構成されているアイコンをクリックし、画像をドラッグすると水平状態の調整作業を行う事が可能になります。 グリッドラインを目安に、地平線や建物などが水平・垂直になるように、ドラッグしながら画像を動かしていきます。目視で水平調整が完了後、このウィンドウは閉じます。閉じる際にファイルを保存するか尋ねられるので任意の名前でファイルを保存します。 5.レンダリングの設定をする 水平調整した内容が反映されている事を確認し、“Render”ボタン(黄色い四角で囲ったボタン)をクリックします。Renderウィンドウで任意の幅と高さに設定後、”Render”を押すとレンダリングが始まります。 6.レンダリングをする 動画自体の長さやRenderウィンドウで設定した解像度によって編集時間が変わります。1~2分程度のものだと5分弱、7~8分のものだと30分弱みておくと良いかと思います。(所要時間はPCのスペックに依存します)

もっと見る
2016.02.01

パノラマ動画再生スマホアプリを作る時に使えるSDK

  • AokiSoko
  • Uncategorized

360度上下左右にぐるりと見渡せるパノラマ動画、本当に楽しいですよね。そこで今回は、パノラマ動画をもっと手軽に体験すべく、パノラマ動画再生に対応したオリジナルスマホアプリ開発に関わるお話です。弊社でも、「パノラマ動画をスマホで見れるアプリを作れませんか?」という問い合わせを多くいただいていおりまして、パノラマ動画再生オリジナルスマホアプリを作る時に使えるSDKをご紹介します!   そもそもSDKってなに? SDKとは、あるシステムに対応したソフトウェアを開発するときに利用できる、ソフトウェア開発キット(Software Development Kit)のことです。例えば、「スマホでパノラマ動画見れるアプリ作りたいな」と思った時に、パノラマ動画を再生する機能を自分でゼロから作ることもできますが、それだと難しそうだし手間もかかるし大変ですよね。そんな時に、パノラマ動画再生に対応したSDKを使うことで、ゼロから作るよりは手間がかからずに、パノラマ動画再生の機能を実装することができます。 今回は、パノラマ動画再生に対応したSDKを公開している2社、「オランダに拠点を置くmindlight社のPanframeSDK」と「フィンランドに拠点を置くFinwe社のOrion360SDK」をご紹介します。   PanframeSDKとOrion360SDK PanframeSDKは低価格でシンプルな機能を、Orion360SDKは高価格で多くの機能を搭載している印象です。アプリに搭載したい機能に合わせて、各社のSDKを使い分けるのが良いでしょう。PanframeSDKが低品質というわけではまったくありません。実際、PanframeSDKを使ったパノラマ動画再生アプリは数多くでていますし、良くできていますよ!(詳しくはこちら) 比較表 Panframe Orion360 価格 安 高 機能 シンプル 多機能 パノラマ動画再生 普通に良い より滑らかな印象 iOS対応 o o Android対応 o o 各社、テスト用にフリー版を配布していますので、興味がある方はお試しあれ。なお、ライセンス版の使用料は用途によっても異なるようなので、気になる方は各社へ直接問い合わせしてみてください。 ・mindlight社(PanframeSDK) ・Finwe社(Orion360SDK)   最後に宣伝! 弊社では、パノラマ動画再生アプリの開発も承っております!SDKがあるとはいえ、アプリは単純にパノラマ動画が再生できれば良いって訳ではないですもんね。パノラマ静止画やパノラマ動画の撮影制作編集、また、パノラマ動画共有サイトPanoPlaza Movieを運営する弊社だからこそできることがあります。詳しくは、お問い合わせくださいませ!

もっと見る

ソーシャルメディア

カディンチェのSNSをフォローして情報を受け取ろう