TECHNOLOGY

XR Contents

XR Contents

VR, AR, MRの各アプリケーションで必要になるデジタルコンテンツの制作を行っています。
360度動画の撮影、編集、ライブ配信、多量の静止画から実写3Dモデルを構築するフォトグラメトリー、人間の動きを記録するモーションキャプチャ、人間の動きと外観を同時に記録するボリュメトリックキャプチャ、ドローンを用いた空撮などに制作実績があります。
出力デバイスとしてもパソコンやスマホだけでなく、ヘッドマウントディスプレイや立体視ディスプレイ向けのコンテンツ制作に取り組んでいます。
バーチャルプロダクションスタジオの構築準備中です。

360度動画/VR動画

パノラマカメラを用いた撮影、編集だけでなく、ライブ配信まで対応しております。
またヘッドマウントディスプレイ用の360度動画プレーヤーや360度動画用のコンテンツマネジメントシステムも自社開発していることから、360度動画を用いた各種ソリューション開発を一気通貫で承っております。
所有機材:Insta360 Pro2を代表とするInsta360社カメラ、Kandao社カメラ、Ricoh社カメラ

フォトグラメトリ

現実に存在する空間を3Dモデル化する方法の一つとしてフォトグラメトリがあります。
当社ではこれまで劇場、動物園、文化財施設等の空間を3Dモデル化してきました。
これらはUnityやUnreal Engineなどに取り込むことで、各種VRアプリケーションで利用しています。
利用ソフトウェア:RealityCaptureやRecap、所有機材:Matterport Pro2、Leica BLK360

モーションキャプチャ

役者の動きを計測し、それをアバターに適用することで、アニメーションのキャラクタ等のモーションを高精度に作成することができます。
当社スタジオでは光学式モーションキャプチャシステムや磁力・加速度式のモーションキャプチャシステムを利用しています。
所有機材:Realis RTS1000w x 複数台、Perception Neuron

バーチャルプロダクション

カメラからの実写入力と、3D CGで制作されたバーチャルセットやバーチャルオブジェクトをリアルタイムに融合して、映像として出力するバーチャルプロダクション手法の研究開発に取り組んでいます。
当社のこれまでのXRでのシステム開発実績と、360度動画を代表とした映像制作実績を活用して、新たな領域への進出を目指しています。
スタジオ構築準備中。