WORKS

Works | Kadinche Corporation: VR AR MR Deep Learning

クラウドサービス導入事例

クラウドサービスの導入事例をご紹介しています

PanoPlaza Movie

RaspberryPi VR x クラウド = 監視カメラ【NAB 2018】

使用中のサービス:PanoPlaza Movie


超小型のシングルボードコンピューターであるRaspberry Pi=ラズベリーパイ(通称:ラズパイ)に220°のレンズ(超広角)を取りつけるための改造キットとカメラであるインタニヤ社のRaspberryPi VR 220 Camera MOD KITを使用して、定期的に撮影された静止画像をクラウドサービスであるEntapano VRにアップロードするシステムを開発しました。

続きを読む
VR/ARアプリ開発

8K VR に関する取り組み【NAB 2018】

使用中のサービス:VR/ARアプリ開発


市販の複数レンズを使用した360度カメラでも8Kの撮影ができるようになってきたのに続き、単眼カメラでも8K映像が撮影できるようになってきました。カディンチェ株式会社は、8Kカメラメーカーのアストロデザイン株式会社と、超広角レンズメーカーの株式会社インタニヤと協働で以下のような8K VRに関する取り組みを行ってきましたのでご紹介します。 単眼 8K VR アストロデザインの8Kカメラと、インタニヤの250度広角レンズを使用して、テスト映像の撮影を行いヘッドマウントディスプレイで視聴する制作フローを確立しました。2018年3月時点で使用した機器構成は以下の写真の通りですが、カメラやレンズは今後の製品開発により変わる予定です。 8K映像タブレットアプリ 8Kカメラと広角レンズを用いることで、広い領域を高解像度に撮影ができます。たとえば、野球のグランドすべてが画角に収まるように撮影をしても、フィールドにいる選手一人一人もくっきり見られる解像度になります。このような映像環境が整った際に、テレビのような大画面ディスプレイでは8K映像の全体を表示し、手元のタブレット端末ではその映像の中でも自分が興味のある領域を拡大表示したいといったニーズも出てくるのではないでしょうか。 この8K映像タブレットアプリケーションとして、以下のような構成にてプロトタイプシステムの開発を行いました。大画面ディスプレイに接続されたPCでは8K映像の全体を再生し、それと同時にWifiで接続されたタブレット端末に8K映像をローカル無線配信をすることで、タブレット側では映像の好きな場所を拡大表示して見られるようにしました。つまり、タブレット側の視聴している座標を随時PC側に送信して、その部分だけをローカル配信している仕組みになります。 NAB 2018のアストロデザインブースにて展示 これらのシステムは、アメリカはラズベガスで開催される全米放送協会の展示会であるNAB Show 2018のアストロデザインブース(コンベンションセンターブース番号:Centralホール「C7515])に参考展示いたします。 ※アストロデザイン株式会社 超高精細映像技術、リアルタイム高速デジタル信号処理技術をベースに、8Kをはじめとする高度な技術を要する分野において、さまざまなハードウェア/ソフトウェア製品を展開。放送業界やディスプレイ業界など映像業界全般において、オンリーワンの製品を提供し続けます。 【お問い合わせ先】 アストロデザイン株式会社 企画部 金村 達宣 (e-mail:kanemura@astrodesign.co.jp) TEL:03-5734-6100 FAX:03-5734-6101

続きを読む
Panoplaza Movie

VRのSaaSソリューションをプリンスホテル様にご提供

使用中のサービス:Panoplaza Movie


カディンチェ株式会社は、株式会社プリンスホテル様にVRコンテンツの管理・配信・視聴システムのSaaS型でのご提供を開始いたしました。

続きを読む

クラウドサービス事例一覧

より詳細な事例は以下のボタンから確認できます

もっと見る

研究開発事例

研究開発の事例をご紹介しています

PanoPlaza Movie

RaspberryPi VR x クラウド = 監視カメラ【NAB 2018】

使用中のサービス:PanoPlaza Movie


超小型のシングルボードコンピューターであるRaspberry Pi=ラズベリーパイ(通称:ラズパイ)に220°のレンズ(超広角)を取りつけるための改造キットとカメラであるインタニヤ社のRaspberryPi VR 220 Camera MOD KITを使用して、定期的に撮影された静止画像をクラウドサービスであるEntapano VRにアップロードするシステムを開発しました。

続きを読む
VR/ARアプリ開発

8K VR に関する取り組み【NAB 2018】

使用中のサービス:VR/ARアプリ開発


市販の複数レンズを使用した360度カメラでも8Kの撮影ができるようになってきたのに続き、単眼カメラでも8K映像が撮影できるようになってきました。カディンチェ株式会社は、8Kカメラメーカーのアストロデザイン株式会社と、超広角レンズメーカーの株式会社インタニヤと協働で以下のような8K VRに関する取り組みを行ってきましたのでご紹介します。 単眼 8K VR アストロデザインの8Kカメラと、インタニヤの250度広角レンズを使用して、テスト映像の撮影を行いヘッドマウントディスプレイで視聴する制作フローを確立しました。2018年3月時点で使用した機器構成は以下の写真の通りですが、カメラやレンズは今後の製品開発により変わる予定です。 8K映像タブレットアプリ 8Kカメラと広角レンズを用いることで、広い領域を高解像度に撮影ができます。たとえば、野球のグランドすべてが画角に収まるように撮影をしても、フィールドにいる選手一人一人もくっきり見られる解像度になります。このような映像環境が整った際に、テレビのような大画面ディスプレイでは8K映像の全体を表示し、手元のタブレット端末ではその映像の中でも自分が興味のある領域を拡大表示したいといったニーズも出てくるのではないでしょうか。 この8K映像タブレットアプリケーションとして、以下のような構成にてプロトタイプシステムの開発を行いました。大画面ディスプレイに接続されたPCでは8K映像の全体を再生し、それと同時にWifiで接続されたタブレット端末に8K映像をローカル無線配信をすることで、タブレット側では映像の好きな場所を拡大表示して見られるようにしました。つまり、タブレット側の視聴している座標を随時PC側に送信して、その部分だけをローカル配信している仕組みになります。 NAB 2018のアストロデザインブースにて展示 これらのシステムは、アメリカはラズベガスで開催される全米放送協会の展示会であるNAB Show 2018のアストロデザインブース(コンベンションセンターブース番号:Centralホール「C7515])に参考展示いたします。 ※アストロデザイン株式会社 超高精細映像技術、リアルタイム高速デジタル信号処理技術をベースに、8Kをはじめとする高度な技術を要する分野において、さまざまなハードウェア/ソフトウェア製品を展開。放送業界やディスプレイ業界など映像業界全般において、オンリーワンの製品を提供し続けます。 【お問い合わせ先】 アストロデザイン株式会社 企画部 金村 達宣 (e-mail:kanemura@astrodesign.co.jp) TEL:03-5734-6100 FAX:03-5734-6101

続きを読む
Panoplaza Movie

VRのSaaSソリューションをプリンスホテル様にご提供

使用中のサービス:Panoplaza Movie


カディンチェ株式会社は、株式会社プリンスホテル様にVRコンテンツの管理・配信・視聴システムのSaaS型でのご提供を開始いたしました。

続きを読む

研究・開発事例一覧

より詳細な事例は以下のボタンから確認できます

もっと見る

クライアントワーク事例

クライアントワークの事例をご紹介しています

PanoPlaza Movie

RaspberryPi VR x クラウド = 監視カメラ【NAB 2018】

使用中のサービス:PanoPlaza Movie


超小型のシングルボードコンピューターであるRaspberry Pi=ラズベリーパイ(通称:ラズパイ)に220°のレンズ(超広角)を取りつけるための改造キットとカメラであるインタニヤ社のRaspberryPi VR 220 Camera MOD KITを使用して、定期的に撮影された静止画像をクラウドサービスであるEntapano VRにアップロードするシステムを開発しました。

続きを読む
VR/ARアプリ開発

8K VR に関する取り組み【NAB 2018】

使用中のサービス:VR/ARアプリ開発


市販の複数レンズを使用した360度カメラでも8Kの撮影ができるようになってきたのに続き、単眼カメラでも8K映像が撮影できるようになってきました。カディンチェ株式会社は、8Kカメラメーカーのアストロデザイン株式会社と、超広角レンズメーカーの株式会社インタニヤと協働で以下のような8K VRに関する取り組みを行ってきましたのでご紹介します。 単眼 8K VR アストロデザインの8Kカメラと、インタニヤの250度広角レンズを使用して、テスト映像の撮影を行いヘッドマウントディスプレイで視聴する制作フローを確立しました。2018年3月時点で使用した機器構成は以下の写真の通りですが、カメラやレンズは今後の製品開発により変わる予定です。 8K映像タブレットアプリ 8Kカメラと広角レンズを用いることで、広い領域を高解像度に撮影ができます。たとえば、野球のグランドすべてが画角に収まるように撮影をしても、フィールドにいる選手一人一人もくっきり見られる解像度になります。このような映像環境が整った際に、テレビのような大画面ディスプレイでは8K映像の全体を表示し、手元のタブレット端末ではその映像の中でも自分が興味のある領域を拡大表示したいといったニーズも出てくるのではないでしょうか。 この8K映像タブレットアプリケーションとして、以下のような構成にてプロトタイプシステムの開発を行いました。大画面ディスプレイに接続されたPCでは8K映像の全体を再生し、それと同時にWifiで接続されたタブレット端末に8K映像をローカル無線配信をすることで、タブレット側では映像の好きな場所を拡大表示して見られるようにしました。つまり、タブレット側の視聴している座標を随時PC側に送信して、その部分だけをローカル配信している仕組みになります。 NAB 2018のアストロデザインブースにて展示 これらのシステムは、アメリカはラズベガスで開催される全米放送協会の展示会であるNAB Show 2018のアストロデザインブース(コンベンションセンターブース番号:Centralホール「C7515])に参考展示いたします。 ※アストロデザイン株式会社 超高精細映像技術、リアルタイム高速デジタル信号処理技術をベースに、8Kをはじめとする高度な技術を要する分野において、さまざまなハードウェア/ソフトウェア製品を展開。放送業界やディスプレイ業界など映像業界全般において、オンリーワンの製品を提供し続けます。 【お問い合わせ先】 アストロデザイン株式会社 企画部 金村 達宣 (e-mail:kanemura@astrodesign.co.jp) TEL:03-5734-6100 FAX:03-5734-6101

続きを読む
Panoplaza Movie

VRのSaaSソリューションをプリンスホテル様にご提供

使用中のサービス:Panoplaza Movie


カディンチェ株式会社は、株式会社プリンスホテル様にVRコンテンツの管理・配信・視聴システムのSaaS型でのご提供を開始いたしました。

続きを読む

クライアントワーク事例一覧

より詳細な事例は以下のボタンから確認できます

もっと見る