WORKS

クラウドサービス導入事例

クラウドサービスの導入事例をご紹介しています

XRコンテンツ制作

Matterportを用いて関健作さん写真展VRツアーを構築

使用中のサービス:XRコンテンツ制作


2020年7月11日から開催している関健作さんの写真展「2:16:22」にて、Matterport社の専用カメラとシステムを利用し、VRツアーを作成しました。Matterportで空間を360°撮影すると、高画質・高性能の3D静止画ツアーを構築できます。 いま求められるオンラインコンテンツ 今回撮影した上記のコンテンツをSNSに投稿したところ、「まるで写真展にいるかのよう」「今は外出を控えているからありがたい」といった声が多く寄せられました。感想にもあるように、新型コロナウイルスの影響で自宅での時間が増え、外出を控える傾向が続いています。そこで、さらに需要が伸びているのが、自宅でも楽しめるオンラインコンテンツ。動画配信はもちろんのこと、ライブや舞台などのイベントもオンライン上で行うなど、コンテンツは様々です。また2Dの映像だけでなく、360°動画やVRなどのように映像・静止画の形式も幅広くなっています。 Matterportやパノラマカメラで制作するバーチャルツアー 今回作成した360°静止画VRツアーは“現地を訪れたかのような臨場感“を得られるのが最大の魅力です。手持ちのスマートフォンやPCで手軽に閲覧でき、いつでもどこでも手軽に体験できます。ツアー内は移動することができ、文章やURL・動画などの情報も表示可能です。さらに、関さんの制作過程を撮影した動画を見ることができ、掲載ページで写真集も買うことができます。作品だけでなく、空間も含めてイベントを体験できるのはVRツアーの醍醐味です。360°静止画ツアーはほかにも、観光施設、不動産の内覧、工事現場などあらゆる場で活用できます。 関さんからのコメント また、写真展を開いた関さん自身は、「時間やお金、手間暇ををかけて作った写真展でも、展示期間が過ぎればなくなってしまう。アーカイブとして空間そのものを残したかった」と、VRツアー作成の意図を話してくれました。 作成する人や見る人、展開方法などで活用の幅はいくらでも広がるVRツアー。今後もさらなる展開が期待できます。

続きを読む
VRライブストリーミング配信

360°バーチャル ライブ『STADIUM LIVE IMAGINATION』の配信サポートを行いました。

使用中のサービス:VRライブストリーミング配信


2012年1月に結成された男性6人組ダンス&ボーカルグループNEVA GIVE UP(通称ネバギブ)が2020年6月28日に実施した、 「世界初 無料配信360°バーチャル ライブ『STADIUM LIVE IMAGINATION』」 の360°ライブ配信の配信サポートを行いました。 360°見渡せる仮想スタジアムライブ空間と、リアルタイムの360°4Kカメラの映像を合成してYoutubeに配信を行いました。 仮想スタジアム空間だけでなく、リアルに負けないようなライブ演出にも力を入れ、特効やペンライト、花吹雪などをCGで表現しました。スタジアムやCGは株式会社HERE.さんが制作を行いました。 コンサートやイベントの中止が続く中、今までにない新たなコンサート体験をお家でお楽しみいただき、配信は好評のうちに終了しました。 アーカイブについてはこちらからご覧いただけます。

続きを読む
3D VR Metaverse

Experiment of peer support and remote fitness system for cancer patients using VR technology

使用中のサービス:3D VR Metaverse


Kadinche Co., Ltd. (Headquarters: Shinagawa-ku, Tokyo; Representative Director: Soko Aoki), which develops space-time and human expansion technology, is a peer support and remote fitness system (commonly known as “VR cancer” for VR patients) that uses VR technology. In order to verify the effectiveness of “Peer Support”), we will start a demonstration experiment with the cooperation of Associate Professor Masahiko Sumitani, Director of Palliative Care Department, University of Tokyo Hospital. About development of “VR cancer peer support” “Peer support” is especially focused on cancer patients, where patients who experience the same illness in the medical field share worries and anxieties and support each other while sharing the wisdom and information to...

続きを読む

クラウドサービス事例一覧

より詳細な事例は以下のボタンから確認できます

もっと見る

研究開発事例

研究開発の事例をご紹介しています

XRコンテンツ制作

Matterportを用いて関健作さん写真展VRツアーを構築

使用中のサービス:XRコンテンツ制作


2020年7月11日から開催している関健作さんの写真展「2:16:22」にて、Matterport社の専用カメラとシステムを利用し、VRツアーを作成しました。Matterportで空間を360°撮影すると、高画質・高性能の3D静止画ツアーを構築できます。 いま求められるオンラインコンテンツ 今回撮影した上記のコンテンツをSNSに投稿したところ、「まるで写真展にいるかのよう」「今は外出を控えているからありがたい」といった声が多く寄せられました。感想にもあるように、新型コロナウイルスの影響で自宅での時間が増え、外出を控える傾向が続いています。そこで、さらに需要が伸びているのが、自宅でも楽しめるオンラインコンテンツ。動画配信はもちろんのこと、ライブや舞台などのイベントもオンライン上で行うなど、コンテンツは様々です。また2Dの映像だけでなく、360°動画やVRなどのように映像・静止画の形式も幅広くなっています。 Matterportやパノラマカメラで制作するバーチャルツアー 今回作成した360°静止画VRツアーは“現地を訪れたかのような臨場感“を得られるのが最大の魅力です。手持ちのスマートフォンやPCで手軽に閲覧でき、いつでもどこでも手軽に体験できます。ツアー内は移動することができ、文章やURL・動画などの情報も表示可能です。さらに、関さんの制作過程を撮影した動画を見ることができ、掲載ページで写真集も買うことができます。作品だけでなく、空間も含めてイベントを体験できるのはVRツアーの醍醐味です。360°静止画ツアーはほかにも、観光施設、不動産の内覧、工事現場などあらゆる場で活用できます。 関さんからのコメント また、写真展を開いた関さん自身は、「時間やお金、手間暇ををかけて作った写真展でも、展示期間が過ぎればなくなってしまう。アーカイブとして空間そのものを残したかった」と、VRツアー作成の意図を話してくれました。 作成する人や見る人、展開方法などで活用の幅はいくらでも広がるVRツアー。今後もさらなる展開が期待できます。

続きを読む
VRライブストリーミング配信

360°バーチャル ライブ『STADIUM LIVE IMAGINATION』の配信サポートを行いました。

使用中のサービス:VRライブストリーミング配信


2012年1月に結成された男性6人組ダンス&ボーカルグループNEVA GIVE UP(通称ネバギブ)が2020年6月28日に実施した、 「世界初 無料配信360°バーチャル ライブ『STADIUM LIVE IMAGINATION』」 の360°ライブ配信の配信サポートを行いました。 360°見渡せる仮想スタジアムライブ空間と、リアルタイムの360°4Kカメラの映像を合成してYoutubeに配信を行いました。 仮想スタジアム空間だけでなく、リアルに負けないようなライブ演出にも力を入れ、特効やペンライト、花吹雪などをCGで表現しました。スタジアムやCGは株式会社HERE.さんが制作を行いました。 コンサートやイベントの中止が続く中、今までにない新たなコンサート体験をお家でお楽しみいただき、配信は好評のうちに終了しました。 アーカイブについてはこちらからご覧いただけます。

続きを読む
3D VR Metaverse

Experiment of peer support and remote fitness system for cancer patients using VR technology

使用中のサービス:3D VR Metaverse


Kadinche Co., Ltd. (Headquarters: Shinagawa-ku, Tokyo; Representative Director: Soko Aoki), which develops space-time and human expansion technology, is a peer support and remote fitness system (commonly known as “VR cancer” for VR patients) that uses VR technology. In order to verify the effectiveness of “Peer Support”), we will start a demonstration experiment with the cooperation of Associate Professor Masahiko Sumitani, Director of Palliative Care Department, University of Tokyo Hospital. About development of “VR cancer peer support” “Peer support” is especially focused on cancer patients, where patients who experience the same illness in the medical field share worries and anxieties and support each other while sharing the wisdom and information to...

続きを読む

研究・開発事例一覧

より詳細な事例は以下のボタンから確認できます

もっと見る

クライアントワーク事例

クライアントワークの事例をご紹介しています

XRコンテンツ制作

Matterportを用いて関健作さん写真展VRツアーを構築

使用中のサービス:XRコンテンツ制作


2020年7月11日から開催している関健作さんの写真展「2:16:22」にて、Matterport社の専用カメラとシステムを利用し、VRツアーを作成しました。Matterportで空間を360°撮影すると、高画質・高性能の3D静止画ツアーを構築できます。 いま求められるオンラインコンテンツ 今回撮影した上記のコンテンツをSNSに投稿したところ、「まるで写真展にいるかのよう」「今は外出を控えているからありがたい」といった声が多く寄せられました。感想にもあるように、新型コロナウイルスの影響で自宅での時間が増え、外出を控える傾向が続いています。そこで、さらに需要が伸びているのが、自宅でも楽しめるオンラインコンテンツ。動画配信はもちろんのこと、ライブや舞台などのイベントもオンライン上で行うなど、コンテンツは様々です。また2Dの映像だけでなく、360°動画やVRなどのように映像・静止画の形式も幅広くなっています。 Matterportやパノラマカメラで制作するバーチャルツアー 今回作成した360°静止画VRツアーは“現地を訪れたかのような臨場感“を得られるのが最大の魅力です。手持ちのスマートフォンやPCで手軽に閲覧でき、いつでもどこでも手軽に体験できます。ツアー内は移動することができ、文章やURL・動画などの情報も表示可能です。さらに、関さんの制作過程を撮影した動画を見ることができ、掲載ページで写真集も買うことができます。作品だけでなく、空間も含めてイベントを体験できるのはVRツアーの醍醐味です。360°静止画ツアーはほかにも、観光施設、不動産の内覧、工事現場などあらゆる場で活用できます。 関さんからのコメント また、写真展を開いた関さん自身は、「時間やお金、手間暇ををかけて作った写真展でも、展示期間が過ぎればなくなってしまう。アーカイブとして空間そのものを残したかった」と、VRツアー作成の意図を話してくれました。 作成する人や見る人、展開方法などで活用の幅はいくらでも広がるVRツアー。今後もさらなる展開が期待できます。

続きを読む
VRライブストリーミング配信

360°バーチャル ライブ『STADIUM LIVE IMAGINATION』の配信サポートを行いました。

使用中のサービス:VRライブストリーミング配信


2012年1月に結成された男性6人組ダンス&ボーカルグループNEVA GIVE UP(通称ネバギブ)が2020年6月28日に実施した、 「世界初 無料配信360°バーチャル ライブ『STADIUM LIVE IMAGINATION』」 の360°ライブ配信の配信サポートを行いました。 360°見渡せる仮想スタジアムライブ空間と、リアルタイムの360°4Kカメラの映像を合成してYoutubeに配信を行いました。 仮想スタジアム空間だけでなく、リアルに負けないようなライブ演出にも力を入れ、特効やペンライト、花吹雪などをCGで表現しました。スタジアムやCGは株式会社HERE.さんが制作を行いました。 コンサートやイベントの中止が続く中、今までにない新たなコンサート体験をお家でお楽しみいただき、配信は好評のうちに終了しました。 アーカイブについてはこちらからご覧いただけます。

続きを読む
3D VR Metaverse

Experiment of peer support and remote fitness system for cancer patients using VR technology

使用中のサービス:3D VR Metaverse


Kadinche Co., Ltd. (Headquarters: Shinagawa-ku, Tokyo; Representative Director: Soko Aoki), which develops space-time and human expansion technology, is a peer support and remote fitness system (commonly known as “VR cancer” for VR patients) that uses VR technology. In order to verify the effectiveness of “Peer Support”), we will start a demonstration experiment with the cooperation of Associate Professor Masahiko Sumitani, Director of Palliative Care Department, University of Tokyo Hospital. About development of “VR cancer peer support” “Peer support” is especially focused on cancer patients, where patients who experience the same illness in the medical field share worries and anxieties and support each other while sharing the wisdom and information to...

続きを読む

クライアントワーク事例一覧

より詳細な事例は以下のボタンから確認できます

もっと見る