【スマホを使ったHMDのGearVRを使ってみよう!】

16.6.2015

スマホを使ったHMDのGearVRを使ってみよう!

Pocket

スマホを活用して仮想空間を閲覧できるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)のSamsung Gear VRが5月に一般発売となりました。スマホで手軽に仮想空間体験ができるGear VRですが、その閲覧方法についてご紹介致します!

準備するもの

・Samsung Gear VR
・Galaxy S6もしくはGalaxy S6 edge(その他のスマホには未対応)

対応端末のGalaxy S6をGear VRに装着するだけで簡単にVR映像を閲覧できます。

gear VR

装着方法

Gear VR前面のカバーを取り外します。

向かって左側にGalaxyの充電器差込口がくるようにしてスマホのディスプレイ画面をGear VRの方に向けた状態で本体に差し込みます。

装着後、自動的に専用画面が起動します。

gear VR

閲覧準備

Gear VRの上部には「+」・「ー」といった焦点調節用のダイヤルがあるため、Gear VRの画面を見ながら自分に合った焦点距離に調整する事ができます。

gear VR

操作方法

装着した後のGear VRの基本的な操作は、本体右側にある「戻るボタン」とその下の「タッチパネル」を用いて行います。「戻るボタン」は前の画面に戻る時に押し、また長押しする事でホーム画面に戻る事ができます。「タッチパネル」は、スワイプやダブルタップなどスマートフォンの画面操作と同じ要領で操作します。

Gear VR画面上に表示されいてるポインターは、頭を上下左右に動かすとその動きに追随するので、ポインターを目的の位置に合わせて右側のタッチパネル部をタップすると、ポインターが指定している対象を選択できます。

複数のコンテンツが横または上下に並んでいる場合、タッチパネルで上下左右にスワイプするとポインターで示すコンテンツが移動し、拡大・縮小などもダブルタップで行う事ができます。

レビュー

Gear VRのコンテンツはOculus storeからダウンロードできます。ここでは公開されているコンテンツの中から気になった3作品を紹介したいと思います。

Oculus360° Videos(360° Tours Iceland)

ヘリコプターの下と思われる場所に取り付けられたカメラで撮影されていて、まるで自分が鳥になったかの様な感覚で空を飛びながら景色を眺めている気分になります。普段の生活では体験できない視点です。眼下には草原を走る馬の群れや大きな滝が現れ、真下・真上も含めた360度全方位の大パノラマで鑑賞できます。

DreamWorks(Penguins)

公園にシアターが設置されているという舞台設定で、前の席には映画の主人公であるペンギン達が座っています。シアターに映し出される映画のシーンはとても綺麗に見え、前方に座っているペンギン達に視線を向けると一人一人違った反応で答えてくれます。まさに友達と映画を楽しみながら閲覧している様な感覚に陥ります。決して声をかける訳ではないのですが、視線を感じて振り返ってくれるのが凄く自然な動作に感じられます。

DreamWorks(20years of dreams and lauhter)

Dream Worksが今までに制作した作品を3D映像で閲覧する事ができます。シアターは湖面前に設置されていて、シアターの映像が水面に反映されてとても幻想的な作品となっています。

Oculus Riftとの比較

Oculus Riftと比較した感想としては、やはりコードレスであるため、ケーブルが邪魔にならず自由に動ける事が最大の利点ではないかと思います。映像性能に関しては、Oculus Riftより高解像度(2560 x 1440)ですが、まだ粗さが目立つのには変わりなくVR製品全体として高性能化の必要性を感じます。デメリットを上げると、スマホ駆動のためPC駆動するOculusよりコンテンツ再生時の負荷に注意をしないといけません。

以上、Gear VRの基本操作・レビューについて紹介してきました。次回はオリジナルコンテンツをGear VRで見る方法についてご紹介したいと思います。

Social Medias

Support our social medias, will you.