Mixed Realityデバイスを用いた空間体験「妖怪めがねの異界案内」を 水木しげる記念館にて実証実験

2022年9月

カディンチェ株式会社は、水木しげる記念館と水木プロダクション協力のもと、2022年9月23日(金)-25日(日)に、複合現実(Mixed Reality、以下MR)ヘッドセットを用いた展示ガイドコンテンツ「妖怪めがねの異界案内(ガイド)」の実証実験を水木しげる記念館(鳥取県境港市)にて行います。同期間中に来場されるお客様に対して、無料でヘッドセットを貸出し、館内での「妖怪めがねの異界案内」を体験いただきます。

来年で開館20年を迎える水木しげる記念館では、漫画家水木しげる氏の生い立ちや作品の世界観を体感できますが、今回期間限定で貸し出す「妖怪めがね」を用いることで、日常に潜む人間の目では見えないものが覗けるようになります。まだ知らない水木氏の側面を聞いたり、いままで見えなかった異界の存在を身近に感じられたりと、空間を舞台に、水木しげるワールドを巡り体感していくインタラクティブな体験型の館内ガイドになっています。案内役はバックベアード、妖怪の大将である博識さを発揮し、館内を案内してくれます。

主な機能:
・空間音声ガイド:展示に近づくと自動再生される音声ガイド
・拡張情報ポップアップ:妖怪洞窟での妖怪に関する空間情報表示
・異空間共有体験(撮影):妖怪広場での空間コンテンツの記念撮影

MRヘッドセットは、Microsoft HoloLens 2を使用します。HoloLens 2はWindows を搭載し、 Mixed Reality を実現する自己完結型のホログラフィックコンピューターであり、頭部に装着することによりハンズフリーで実空間の認識や2D/3Dオブジェクトの空間内配置や表示が可能です。また、HoloLens 2内で動作するアプリケーションでは、自己位置推定技術としてImmersal社のVPS (Visual Positioning System)であるImmersal SDKを使用します。本技術により、館内の位置や展示物を高精度に認識できます。
本実証実験では、記念館や博物館等の屋内展示空間において利用可能な次世代のガイドシステムとして、コンテンツ制作やMRシステム開発を行い、来訪者に体験いただくことで、その有用性や投資対効果を検証することを目的としています。

【開発中画面】※開発中のため、今後仕様変更の可能性はあります

「妖怪洞窟」にて妖怪めがねで見ている様子: 漫画のコマを模した表現で妖怪名や説明をホログラフィックで表示している

「妖怪広場」にて妖怪めがねで見ている様子: 椅子の前やパネルの前にホログラフィックの妖怪が出現している

実証実験概要

実証実験名:MRヘッドセットを用いた「妖怪めがねの異界案内」
期間:2022年9月23日(金)-25日(日)9:30〜17:00(受付は閉館30分前まで)
 ※MRヘッドセットの台数に限りがあるため、ご希望者が多い場合には各日先着順にて整理券をお配りいたします。ご了承くださいませ。
場所:〒684-0025 鳥取県境港市本町5 水木しげる記念館
主催:水木しげる記念館
開発:カディンチェ株式会社
クリエイティブディレクション:sabakichi (Domain)
技術協力:日本マイクロソフト株式会社Immersal
協力:水木プロダクション

プレス説明会・プレス向け体験会

以下の通り、報道関係者の皆様向けに説明会と体験会を予定しています。
■プレス向けオンライン説明会:2022年9月16日(金)14:00-15:00
 ご出席ご希望の方は、Eメールにてcontact@kadinche.comまでご連絡ください。
 折り返し、オンライン説明会用のURLをご連絡差し上げます。
■プレス向け体験会:2022年9月22日(木)の10:00-, 11:00-, 14:00-, 15:00-に体験会を実施します。
ご体験希望の方は、Eメールにてcontact@kadinche.comまでご連絡ください。

水木しげる氏プロフィール

漫画家にして、妖怪研究家。1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し、爆撃を受け左腕を失う。復員後紙芝居作家となり、その後漫画家に転向。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などがある。

水木しげる記念館とは

水木しげる氏の生い立ちや作品の世界観を体感できるミュージアム。鳥取県境港市の水木しげるロードの東側に位置し、2003年3月8日(水木しげる氏の81歳の誕生日)に開館、鳥取県を代表する観光施設として多くの観光客が訪れている。館内には水木作品に描かれた妖怪が顔をそろえる展示スペースや同氏の仕事場の再現などがあり、ファンならずとも必見の施設である。妖怪研究家、そして漫画家水木しげる氏の原点がここにある。