VR同時再生システム

集合研修やイベントにおいて複数台のVRヘッドマウントディスプレイを用いる際の問題として、以下のようなものがありました。
・各ユーザがどこを見ているのかわからない
・各ユーザにどこを見るべきか指示をしづらい
・問題発生の場合、操作の問題かハードウェアの問題かわからない
・台数が増えると、初期の設定に手間がかかる

上記の問題を解決するにあたり、管理者はPCを使用し、視聴者はHMDなりスマートフォンを使い、以下のような機能を実現しました。
・管理PCから複数台のOculusGo等の動画再生/停止等の操作が可能
・システム上は端末数の上限なし (WiFiルーターの性能に依存)
・HMDの温度やバッテリ残量等の状態監視機能
・端末への動画の自動ダウンロード
・簡易ホワイトボード機能 ・視聴側の再生位置確認機能

■管理者用(制御用)端末
想定端末:WindowsPC/Mac/タブレット
利用環境:Windowsアプリ / ブラウザ
開発環境:PC/AWS
開発言語:Javascrip等のWeb系言語を利用
HMDとの通信はMQTT
インターネット経由での通信も出来るようにサーバー環境もAWS上に構築
PCだけで動作する場合はElectronでWindowsアプリとしてビルド

■ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
対象端末:Oculus Quest/Quest2
開発環境:Unity
開発言語:C#
制御用端末との通信はMQTTを利用

企業研修、学校教育、施設型VR等での利用を想定して開発しております。
・危険研修 ・高額な装置・備品を扱う研修
・めったに起きない事象に対する研修
・接客・対面シミュレーション等

以下のような導入実績がございます。
・松竹:VRお化け屋敷
・複数社:VR研修システムとして利用